+++ 【ROCK SUMMIT 2000】 +++
                    日比谷野外音楽堂 2000.09.16

台風17号の接近で、9/16の東京の天気予報は午後から雨。
ライブ前夜「明日は晴れますように。」と誰もが祈りながら眠りについたことで
しょう。その願いが通じたのか、翌日早朝の東京の(家のまわりだけ?)
空は晴れていました。「どうか、このお天気が続きますように.....。」そんな願い
も虚しく、しばらくすると、雨がぽつりぽつり.....。それでも、家を出る頃には
雨もあがり、もしかしたら、このまま曇りの状態でいてくれるのではとの期待
を胸に、会場への道を急ぎました。会場のまわりには、いつものLAZY単独
ライブとは違った雰囲気が感じられます。
そう、今日は『ROCK SUMMIT 2000』
LAZY復活以来、はじめての3バンドの夢の競演です。
LAZY・EARTHSHAKER・全日本女子プロバンド、それぞれのファンが
これからはじまる宴を前に、逸る心を押さえつつ開場の時間を待ち望んで
います。遠くで聞こえる雷.....これから起こる何かを、予感させるようなイヤな
音.....。やはり、雨が降りはじめました。その雨に反応するかのように、レイン
コートを売るお店の人の声が次第に大きくなります。開場と共に雨足も強く
なってきて、みんなそれぞれに用意したレインコートを着はじめ、仕方ないと
腹をくくりました。
ところが、全女のステージが始まった途端その雨も一時あがったので、蒸し
暑さに耐えられずレインコートを脱ぎました。もしかしたら、このまま降らずに
いけるかも.....。誰もがそう思ったことでしょう。
しかし無情にも、SHAKERのステージの途中から、またも雨.....。
しかも、ラスト1曲からLAZYのセットチェンジにかけて土砂降り。
その時、“バチッ”という音と共に稲妻が走り、余りの怖さにあちらこちらから
悲鳴があがる程でした。私たちは呆然として、スタッフの動きを見守るしか
ありません。もしかしたら、このまま「中止」なんて言われてもおかしくないん
じゃないかって.....。

そんな不安の中、聴こえて来たのは【遥かなるマザーランド】
恐怖の悲鳴が、嬉しい悲鳴に変わった瞬間でした。
明るくなったステージに、次々と見慣れた元気な笑顔が現れて、待ち望ん
でいた客席に向かって、手を振って応えてくれます。
Funnyは、鮮やかなピンクに、銀ラメの文字の入った半袖のTシャツ。
ピンク系の模様入りのパンツ。サングラスがまた一段とカッコよく、髪も秘密
日記に載った時より茶色く(ライトのせいかな?)、少しだけ短くさっぱりと
感じました。前髪が少しだけ前に下りてきて、動く度に「ふわっ」と揺れます。
個人的に今の髪型はベストかな(^^)
靴は、前回の野音の時に履いていたのでは?と思われる、少しヒールの
ある黒い靴に見えました。(真相は、いかに?)
Pockyは、白いTシャツに半ズボンと、赤いキャップ。
SuzyとDavyは.....ごめんなさい、いつも通りの恰好で想像してもらえると、
非常に助かります.....(苦笑)。
Davyは、ドラムの調整に余念がありません。メンバーそれぞれが所定の
位置につき、Michell登場。
1曲目の【EARTH ARK】に突入です。

それからは、大雨も忘れる程に、気持ちはライブに集中していました。
【感じてナイト】のイントロをバックに、いつものMichellの挨拶。
「みんな、ありがとう!!行くぜぇ!!」
Michellは、白い長袖のTシャツの胸に、大輪の赤い薔薇。両袖にも薔薇の
プリントが施してありました。

その後1回目の簡単なMC。
Michell「みんな、待っててくれてありがとう。絶対LAZYになったら降りそうな
気がしてた(笑)。」.....思わないでくれぇ.....(苦笑)。
「降ったもんはしょうがないから、楽しもうぜ!!」

【HAPPY TIME】
【ALL THE YOUNG DUDES】


そして、2回目のMC。
やっとここで、Funnyがサングラスをはずしてくれました。(ここだったと思う.....。
後だったら、ごめんなさい。)サングラス姿もカッコいいけど、その優しい目を
見たかったよぉ♪
Michell「○ンパまで、ビチャビチャだぜ!!おい、喜ぶな(笑)。」
喜ばせてるのは、そっちじゃないかぁ(笑)。
Michellは、少しでもお客さんに近づこうと、ステージギリギリまで出てきて
歌ってくれます。遠目に見ても全身ずぶ濡れ状態だというのがわかります。
「EARTHSHAKERの時、土砂降りになって、俺たちが出てきて誰もいな
かったらどうしようと思ったけど、ありがとう!!」
そんなことないよぉ(笑)!!ずっとずっと、みんなに逢えること、待っていた
んだもの(^^)
「ひぐっつぁん曰く、『野音で嵐にあったバンドは売れる』らしい。」
よ〜し、その勢いだぁ♪

【PRAY】
【天国の悪魔】

最初は、何の曲かわからなかったけど、サビの部分まで聴いて「天国の
悪魔だぁ〜!!」って叫んじゃいました(笑)。

【EVERYBODY WANTS LOVE】
Michellがステージ狭しと動き回る度、FunnyもSuzyも、ステージ中央に
移動してくれます。ふたりが並んで演奏する姿、大好きなんだよなぁ♪

そして、3回目のMC。
Michell「すっげぇ雨、ヅラがずれてる。」その言葉にFunnyが両手で頭を
押さえ、よく子供の頃やったように、カツラを動かす真似をして、笑わせてくれ
ました。お茶目なFunny、こういうところがたまらない(^^)

ここでMichellが「風邪ひくなよぉ!!」と、叫んでくれた言葉。
とっても嬉しかったけど、そのままみんなに返すよぉ!!
いくらステージ上は屋根があるといっても、Funnyの立ち位置にも雨は降り
込んでいることでしょう。MCの度に、タオルでBassを拭く姿が見られました。
そして、ここでメンバー紹介。
残念ながら、メンバーの挨拶はなかったので、それぞれの声を聞くことはでき
ませんでした。
唯一、FunnyがMichellの紹介をしてくれた言葉.....。
「あぁ、Funnyの声だぁ.....。」なんて、じ〜んときてしまった(苦笑)。
そして、Suzyの設立したレコード会社のお話。
Michell「ここで先行発売しています。そして、ボクのCDも何故か発売して
います。
愛のあるみなさん、買ってください。」
しかし、お客さんのリアクションは、思ったよりも静か.....(苦笑)。
「冷てぇ.....社長、どうします?」
その言葉にPockyは、帽子を取って客席に頭を下げていました(笑)。

ここで、嬉しいニュースが.....♪
12/21にシングルが発売されると、Michellが報告してくれました。
「アンジェリーク」というアニメの主題歌とエンディングの両方をLAZYが担当する
ということで現在レコーディング中とのお話。LAZYの新しい音、待っていたんだ。
しばらく逢えなくても、少しずつでも、LAZYが活動してくれる。
そのことを楽しみに、いつまでも待っていられる、そう思いました。
Michell「今日は、ケツも・・・」と言うと、Davyの方を振り向き「後もつかえてます
し.....。」と言い直しました(笑)。リーダー樋口、何かつっこんだのでしょうか(笑)。

【ULTRA HIGH】
【LONELY STAR】

「LONELY STAR」を聴くと、解散当時の思い出が蘇り、今でも涙ぐんで
しまいます。LAZYの生のステージを夢見ていたのに、その夢が断たれて
しまったあの日のことを.....。
でもLAZYが進行形の今、これからもこの曲を、生の音で聴くことができる
んだ。そう思うと、涙の量も減ってきたかも.....。
優しい眼差しで、客席を見つめながら演奏するPockyの姿。前回の野音
では、残念ながら私の位置からは、Pockyの姿を見ることができなかった
ので特別かどうかわかりませんが、今回のPockyはいつも以上に、客席を
見つめていたように感じました。雨に打たれるファンのことを、心配してくれて
いたのかな。

楽しい時間はあっという間に過ぎて行き、ラスト1曲.....。
【DREAMER】
思い残すことのないよう、腕がちぎれんばかりに、拳を振り上げ一緒に
大合唱しました。私の場合、Funnyの指の動きを必死で追ってしまう為、
一緒に歌える余裕がない程じっと固まってしまうことが多いのです(苦笑)。
ところが今回は、思いきりはじけている自分がいました。う〜ん、これも雨の
おかげかなぁ(笑)。
間奏の部分で、Michellはステージ袖に引き上げながら、ずぶ濡れの
Tシャツをスタッフに脱がせてもらっていました。完全に隠れてからのことでは
なかったので、お客さんの一部には生着替えが堪能できたことでしょう(笑)。
最後に、Michellの紹介で、出演者全員がステージ上に集合しました。
その時、全女のメンバーの後ろをさも自分もメンバーのように嬉しそうに歩い
て行くFunnyの姿が.....。
メンバーに気付かれ、大笑いするFunny。ホントにお茶目なんだから、
ますますたまらない(笑)。

そして出演者全員で【ヘルター・スケルター】
途中Pockyが、自分の前にセットしてあるマイクを、出演者に渡してあげる
一場面も。気配りのPocky、何て優しいんでしょう。
Funnyも楽しそうに、みんなと顔を合わせ、おどけてみせたり。
出演者全員が、心から楽しんでいるステージでした。
ラストには、Pockyがタオルを何枚も客席に投げ込み、FunnyがPockyの
帽子を取って投げようとしましたがやめました(笑)。Funnyも、自分のタオル
を投げ込んでいました。幸運にもキャッチできた方、宝物ができましたね♪

ステージ袖に消えて行くメンバーの姿。
この大雨でなければ、アンコールをかけるところでした。
時間としては、いつもよりも短かったけれど(LAZY単独よりも)、それでも
とても楽しいステージでした。
また、しばらく逢えない日々が続くけれど、生涯LAZYでいてくれる。
LAZYの存在だけで、今はしあわせ。
ずっとずっと一緒に歩いていけるのなら、木陰で休憩も必要なこと。
みんなで歩いて行く道は、どこまでも続いているんだもんね。
ありがとう.....おつかれさま.....また、逢おうね♪

   何ゆえFunnyびいきのサイト(笑)、Funnyのことしか見ていなくて当たり前
   だと思ってください(笑)。側にいるMichell、Pockyの姿は覚えていても、
   DavyやSuzyの姿まで見る余裕なんてありませんでした。
   おまけに、あの大雨.....メモなんてほとんど役立たず.....。
   終了後、慌ててみんなの記憶を頼りに、メモしたものを繋げました。
   改めて、大切な友人みんなに感謝します。ありがとう(^^)